海外「なんて勇敢な男だ」無支援での南極単独横断に挑戦した冒険家、偉業達成目前で力尽きる

スポンサーリンク

南極大陸で世界初の無支援単独横断を目指していた元英軍将校のヘンリー・ワースリー氏がゴールを目前にして亡くなったことが26日までに分かった。55歳だった。

同氏は無支援、単独で約1460キロを踏破し、あと50キロ足らずで大陸横断を果たすところまで達していた。

出発から71日目の今月22日、猛吹雪の中で極度の疲労と脱水状態を示し、空路チリ最南端プンタアレナスの病院へ運ばれた。病院での診断は細菌性の腹膜炎だった。(CNN)

海外の反応


Anonymous

素晴らしい偉人だった
RIPヘンリー

Anonymous

世界で最も過酷な冒険をした男だ。
永遠の平和のなかで安らかに眠ってくれ。
私たちはあなたを尊敬している。

Anonymous

こんな形で冒険が終わってしまうとは悲しいな。
しかし何かを成し遂げようとしたその姿勢は人々の記憶に残るだろう。

Anonymous

彼の勇気、そしてシャクルトンへの尊敬は称えるべきだな
彼は自分のしたいことをして亡くなったわけだ

Anonymous

彼はシャクルトンと同じく偉大な人物だったな
私にとってのヒーロー

Anonymous

なんて勇敢な男なんだ!

Anonymous

まさに伝説になったわけだな。

Anonymous

彼は自分の望んだことをして亡くなった
目標もほとんど達成したようなもの
彼の心を祝福する

Anonymous

そのガッツと特別な決意を称えよう

Anonymous

歴史を考えるとヒーローが突然亡くなるのは珍しいことではない。

Anonymous

宇宙飛行士のように科学を促進するために亡くなるのは分かるが・・・。
極端なことをする人の気持ちが分からない

Anonymous

彼の功績は人類の限界を押し広げたことだよ
ほとんど不可能と思われていた挑戦だったからね

Anonymous

自分の命を投げ捨てるほどリスクのある冒険をできるのがすごい

Anonymous

なんてすごい男だ・・・。
このトレッキングを賞賛すると同時に私も南極を見てみたくなった

Anonymous

このような勇敢な人がいるおかげで人類に何ができるか、何が危険なのかということが分かるんだよ

Anonymous

彼の人生は限界を超えていたな

Anonymous

南極、自力
この二文字はすなわち命がなくなることを意味する
彼は冒険の前に葬儀の準備もしていたようだし

Anonymous

元兵士としては、なぜ彼がそんなに深刻な脱水症状になったのかよく分からない
もっと自分の体を労われたかもしれないのに

Anonymous

もしこういったリスキーな人間がいなかったらテクノロジーや知識などの発展はなかったんだよな

Anonymous

驚くべき冒険。
命を最大限に生きた男。
私はこれからも安全で当たり障りない人生だと思う。

Anonymous

私は混乱している
腹膜炎と冒険に何の関係があったのか

Anonymous

同情するのは失礼かもしれないな
彼はやりたいことをやっただけだし、彼自身も後悔の言葉は述べていない

Anonymous

とても悲しいな
私の父はマクマード基地の建設で南極に長くいて写真を見せてもらったことがあるから南極横断がどれだけ難しいか分かる

Anonymous

誰かの情熱について泣き言は言えない
全ての発見は彼らの証明、そして何を愛するかを前提に生まれた

Anonymous

この男に敬礼
まさに選ばれた男だ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする